リーディングフィールズ基本の速読講座 readingfields.com
サポート>本の紹介 練習となる本>藤沢周平の本 時代を超えて、人間の姿が描かれていると言えるかもしれません。ぜひ、読んでください。
> WEB速読タイマー
> 書見台の紹介
> 読書グッズの紹介
> 速読講座の復習
* * *
> Rタイマー ご案内
> Rタイマー ダウンロード
> Rタイマー 使用方法
* * *
> 本の紹介 速読・読書法
> 本の紹介 練習となる本
> 司馬遼太郎の長編
> 池波正太郎の長編
> 森絵都の本
> 沢木耕太郎の深夜特急
> 藤沢周平の本
> 椎名誠の本
> 宮部みゆきの本
> ハルバースタムの本
> インタヴュー集
> スポーツノンフィクション
> 事件ノンフィクション
> 村上春樹の本
> 村上龍の本
> 旅のノンフィクション

> コラム
> ブログ / 速読ヴォイス
> メールマガジン
> モバイルサイト
> リンク
> プライバシーポリシー
> サイトマップ


本の紹介 藤沢周平の本


 速読の練習の本として、藤沢周平の名前を出すのはどうかと思いました。この本の紹介のコーナーでは、 「速く読む必要はありません。ゆっくり読んでください。」 という発言を繰り返しています。

 藤沢周平も、やはりゆっくり読んでください。 他の本以上に。

◆ 藤沢周平著 『用心棒日月抄』シリーズ (新潮文庫) 全4巻
◆ 藤沢周平著 『獄医立花登手控え』シリーズ (講談社文庫) 全4巻
◆ 藤沢周平著 『よろずや平四郎活人剣』 (文春文庫) 全2巻
◆ 藤沢周平著 『海鳴り』 (文春文庫) 全2巻
◆ 藤沢周平著 『蝉しぐれ』 (文春文庫)

 藤沢周平の小説というのは、経営者など著名な方にファンが多いようです。人生を深く生きることによって、感じることがあるのかもしれません。読めば読むほど、その深さに魅了されます。

 シリーズといっても、そんなに長くはありません。 これらの作品は、どれも読みやすく、登場人物が身近な存在として感じられます。 ほんとうに、ぐいぐいと引き込まれます。

 ときどき、頭の中に小説の場面を思い描き、 深く味わってみてください。


     

  









HOME速読とは受講案内・日程・申込み受講生の声Q&Aサポートお問合せスタッフリンクプライバシーポリシーサイトマップ
Copyright (C) 2005-2017 readingfields.com All rights reserved. 当サイト内のすべてのコンテンツの無断転載を禁止します。