リーディングフィールズ基本の速読講座 readingfields.com
サポート>本の紹介 練習となる本>村上春樹の本 
> WEB速読タイマー
> 書見台の紹介
> 読書グッズの紹介
> 速読講座の復習
* * *
> Rタイマー ご案内
> Rタイマー ダウンロード
> Rタイマー 使用方法
* * *
> 本の紹介 速読・読書法
> 本の紹介 練習となる本
> 司馬遼太郎の長編
> 池波正太郎の長編
> 森絵都の本
> 沢木耕太郎の深夜特急
> 藤沢周平の本
> 椎名誠の本
> 宮部みゆきの本
> ハルバースタムの本
> インタヴュー集
> スポーツノンフィクション
> 事件ノンフィクション
> 村上春樹の本
> 村上龍の本
> 旅のノンフィクション

> コラム
> ブログ / 速読ヴォイス
> メールマガジン
> モバイルサイト
> リンク
> プライバシーポリシー
> サイトマップ


本の紹介 村上春樹の本


 今日本で一番人気のある作家といえば、村上春樹かもしれません。受講生の方でも、村上春樹を読んでいるという人はおりました。しかし、全部の作品を読んでいる人は少ないように思えます。

 村上春樹の場合、作品によって好き嫌いが分かれることがあるようです。最初に読んだ本が馴染まなかったということで、あとは読んでいないという人もいたりします。

 村上春樹作品の素晴らしさというのは、何よりも楽しめるというところにあると思います。深く、考えることもでき、シンプルに活字に触れる楽しさがあります。

 そして、本を読むという行為が、カッコいいものだと感じられるところではないでしょうか。

 本を読むことはダサいことだ。
 そんなことを高校生から言われたことがありました。ひとりで本を読んでいるのは、暗い雰囲気があると。

 村上春樹の小説の登場人物は、よく本を読んでいます。その姿は、けっこうカッコいいものです。

『海辺のカフカ』の中学生の主人公は高松の図書館で、夏目漱石を読んでいました。

『ノルウェイの森』の主人公も、スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビイ』やトーマス・マンの『魔の山』など、いつも本を読んでいます。

 『東京奇譚集』の中の短編「偶然の旅人」では、ある男女の読んでいた本が偶然にも同じチャールズ・ディッケンズ『荒涼館』で、それをキッカケに話をする、なんてことがありました。

 お薦めは全てなのですが、何冊かあげてみます。

< 短編小説 >

◆ 村上春樹著 『象の消滅』 (新潮社)
 初期の短篇が17作品も入っていて、村上春樹の魅力が凝縮されていると言っていいでしょう。

◆ 村上春樹著 『神の子どもたちはみな踊る』 (新潮社)
 とてもじっくりと読ませてくれる連作小説。個人的にはとても好きな作品です。

  


< 長編小説 >

◆ 村上春樹著 『ダンス・ダンス・ダンス』 (講談社文庫)
 村上春樹と言えばこの作品でしょう。楽しく、ぐいぐいと読ませてくれます。

◆ 村上春樹著 『ノルウェイの森』 (講談社文庫)
 いわゆる青春の一冊。特別な本になるのだろうと思います。じっくりと味わいながら読みたい本です。

◆ 村上春樹著 『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』 (新潮文庫)
 2つの世界が交差する物語。なんとも不思議なのだけど、その世界に惹き込まれます。

◆ 村上春樹著 『海辺のカフカ』 (新潮文庫)
 15歳の少年が主人公。読み応えのある作品でした。わりとさっと読めるのですが、深く読み込む面白さがあります。

        


< エッセイなど >

◆ 村上春樹著 『少年カフカ』 (新潮社)
 外観が少年マンガに似せた作りとなっています。インターネット上で読者の質問に答えたもの。もの凄い分量の本です。ひとつひとつの質問に丁寧に答えていて、小説とは何なのかということまで、深く考えさせてくれます。




< ノンフィクション >

◆ 村上春樹著 『アンダーグラウンド』 (講談社文庫)
 地下鉄サリン事件の被害者にインタビューしたもの。今パラパラとページをめくっても、鳥肌が立つような感じです。それだけに、重い本です。村上春樹の作品の中では特別なものでしょう。ぜひ読んで欲しい一冊です。

◆ 村上春樹著 『約束された場所で』 (文春文庫)
 地下鉄サリン事件について、オウム信者の側にインタビューしたもの。この本も、多くのことを深く考えさせられる内容です。

 他にも数多くの作品があります。相当な数です。またこの村上春樹という作家、最近では日本だけの人気ではなく、海外での知名度も相当高いようです。

  







HOME速読とは受講案内・日程・申込み受講生の声Q&Aサポートお問合せスタッフリンクプライバシーポリシーサイトマップ
Copyright (C) 2005-2017 readingfields.com All rights reserved. 当サイト内のすべてのコンテンツの無断転載を禁止します。