リーディングフィールズ基本の速読講座 readingfields.com
サポート>本の紹介 練習となる本>池波正太郎の長編 『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』、このシリーズは読み出したらとまりません。
> WEB速読タイマー
> 書見台の紹介
> 読書グッズの紹介
> 速読講座の復習
* * *
> Rタイマー ご案内
> Rタイマー ダウンロード
> Rタイマー 使用方法
* * *
> 本の紹介 速読・読書法
> 本の紹介 練習となる本
> 司馬遼太郎の長編
> 池波正太郎の長編
> 森絵都の本
> 沢木耕太郎の深夜特急
> 藤沢周平の本
> 椎名誠の本
> 宮部みゆきの本
> ハルバースタムの本
> インタヴュー集
> スポーツノンフィクション
> 事件ノンフィクション
> 村上春樹の本
> 村上龍の本
> 旅のノンフィクション

> コラム
> ブログ / 速読ヴォイス
> メールマガジン
> モバイルサイト
> リンク
> プライバシーポリシー
> サイトマップ


本の紹介 池波正太郎の長編


 本を速く読むには、何よりも量を数多く読むことです。

 「本を読むのが遅いんです。」という人は多いのですが、話を聞くと読書量がどうしても少ないです。 遅いから量を読めないということもありますが、 ひと月に1、2冊という数では、速いも遅いも関係ありません。遅くても少しの工夫で時間を作れば、けっこう量を読むことはできます。

 では、量を読むにはどうしたらいいか。

 ひとりの作家の本を読むことです。 好きな作家がいたら、その人の本を徹底的に読む。 その意味では、シリーズ本を読んでみるのをお勧めします。特に、池波正太郎は嵌ります。 本というのは、全体の雰囲気、作者の文章を掴めれば、 それなりに速度を出しても、内容理解は落とすことなく読めます。こうした意味でシリーズものはお勧めです。

◆ 池波正太郎著 『鬼平犯科帳』シリーズ (文春文庫) 全24冊
◆ 池波正太郎著 『剣客商売』シリーズ (新潮文庫) 全15冊
◆ 池波正太郎著 『仕掛人・藤枝梅安』シリーズ (講談社文庫) 全7冊

 どのシリーズも面白いです。 全部で46冊もありますが、どんどん読めます。

 速読の練習となる本の紹介ではありますが、速く読む必要はありません。 味わいながら、ゆっくり読んでください。面白くて、気が付いたらどんどんページをめくっているのではないかと思います。

 小説を読んだことがない。 特に時代小説は苦手だと言う人も多いです。しかし、読むと変わります。 こんなに面白い世界があるのかと、感じることができます。

 東京に住んでいる方にとっても、東京という街を違った視点から見ることができるでしょう。


     







HOME速読とは受講案内・日程・申込み受講生の声Q&Aサポートお問合せスタッフリンクプライバシーポリシーサイトマップ
Copyright (C) 2005-2017 readingfields.com All rights reserved. 当サイト内のすべてのコンテンツの無断転載を禁止します。