リーディングフィールズ基本の速読講座 readingfields.com
サポート>本の紹介 速読・読書法>井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室 
> WEB速読タイマー
> 書見台の紹介
> 読書グッズの紹介
> 速読講座の復習
* * *
> Rタイマー ご案内
> Rタイマー ダウンロード
> Rタイマー 使用方法
* * *
> 本の紹介 速読・読書法
> 本の紹介 練習となる本
> 『アメリカ式読書法』
> 『本を読む本』
> 『勉強法が変わる本』
> 『絵本の森へ』
> 『「超」勉強法』
> 『井上ひさしと141人の〜』
> 『読み書きの技法』

> コラム
> ブログ / 速読ヴォイス
> メールマガジン
> モバイルサイト
> リンク
> プライバシーポリシー
> サイトマップ


本の紹介 『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』


「読む力」と「書く力」というのは、ある意味で同じものです。片方だけ、ということはありません。速く読んで理解する力をつけるには、「書く力」というものを向上させていく必要があります。

◆ 井上ひさし著 文学の蔵(編集) 『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』 (講談社文庫)

 本を速く読むにはどうしたらいいか。

 こうしたことの裏側には、「より深く理解する」ということがあります。 本を速く読むことは誰にでも出来ます。 速くなった分だけ、通常は内容がわからなくなります。

 それだけに、内容をより深く理解するような「読み方」を意識する必要があります。そのためには、どうしたらいいか。

 「文章を書く」という力をより強化していくことが重要です。どうやったら、読み手にわかりやすい文章になるのか。 このようなことを考えながら、多くの文章を書いていくことです。結果として文章を「深く読む」という力に繋がっていきます。

 この本には、重要なことがとてもわかりやすく書かれています。書くことと、読むことの、数多くの「気づき」があります。

 何よりも、楽しんで読める本です。ぜひ、読んでいただきたい一冊です。


  






HOME速読とは受講案内・日程・申込み受講生の声Q&Aサポートお問合せスタッフリンクプライバシーポリシーサイトマップ
Copyright (C) 2005-2017 readingfields.com All rights reserved. 当サイト内のすべてのコンテンツの無断転載を禁止します。