リーディングフィールズ基本の速読講座 readingfields.com
サポート>本の紹介 練習となる本>事件ノンフィクション 
> WEB速読タイマー
> 書見台の紹介
> 読書グッズの紹介
> 速読講座の復習
* * *
> Rタイマー ご案内
> Rタイマー ダウンロード
> Rタイマー 使用方法
* * *
> 本の紹介 速読・読書法
> 本の紹介 練習となる本
> 司馬遼太郎の長編
> 池波正太郎の長編
> 森絵都の本
> 沢木耕太郎の深夜特急
> 藤沢周平の本
> 椎名誠の本
> 宮部みゆきの本
> ハルバースタムの本
> インタヴュー集
> スポーツノンフィクション
> 事件ノンフィクション
> 村上春樹の本
> 村上龍の本
> 旅のノンフィクション

> コラム
> ブログ / 速読ヴォイス
> メールマガジン
> モバイルサイト
> リンク
> プライバシーポリシー
> サイトマップ


本の紹介 事件ノンフィクション


 殺人事件などを取り上げたノンフィクションというのは、かなり多くあります。 どれもボリュームのある内容となっており、読み応えのある本ばかりです。

 こうした本の特徴は、その人物の背景が詳細に描かれていることです。事件に関係があるのか、ないのか。わかりません。しかし、ひとりの人物の生きるということを知るのは、とても大きなことだと感じます。事件というのは、何らかの原因があります。しかし、その原因はひと言で語れるようなものではないはずです。犯罪という事件を深く読み取ることで、得られるものは大きいと思います。

 じっくりと考えながら読んでいただきたいです。こうしたノンフィクションは、「読む」という深さを感じる上で、とても重要な本だと言えます。

◆ トルーマン・カポーティ著 龍口直太郎訳『冷血』 (新潮文庫)

 実に淡々と描かれています。殺人事件が起こり、犯人が捕まり、絞首台に送られます。トルーマン・カポーティは、『クリスマスの思い出』など、心あたたまる話を書く作家という印象を持っていました。しかし、この作品を読んで、心というものの深さを感じたりします。
 佐々田雅子訳の新しい『冷血』(新潮文庫)も出ています。また、映画『カポーティ』は、『冷血』を書くトルーマン・カポーティを描いたもので、こちらも見応えがありました。

◆ 島田荘司著 『秋好事件』 (徳間文庫)

 とてもボリュームのある本です。福岡県で起きた一家四人殺害事件が、かなり詳細に描かれています。島田荘司は推理小説の作家です。それだけに、内面を追求しているのでしょうか。もちろん、ノンフィクションですから、静かに客観的に事件というもの考えさせてくれます。

◆ マイケル・ギルモア著 村上春樹訳『心臓を貫かれて』 (文春文庫) 上下巻

 とても読み応えのある本です。村上春樹の翻訳ということで、かなり話題にもなりました。読んでいて、どうしようもなく辛い気持ちになるかもしれません。何らかの力に引き込まれるような感覚です。かなり重い本ではあるのですが、ぜひ読んで欲しい一冊です。







HOME速読とは受講案内・日程・申込み受講生の声Q&Aサポートお問合せスタッフリンクプライバシーポリシーサイトマップ
Copyright (C) 2005-2017 readingfields.com All rights reserved. 当サイト内のすべてのコンテンツの無断転載を禁止します。