リーディングフィールズ基本の速読講座 readingfields.com
サポート>本の紹介 速読・読書法>絵本の森へ 
> WEB速読タイマー
> 書見台の紹介
> 読書グッズの紹介
> 速読講座の復習
* * *
> Rタイマー ご案内
> Rタイマー ダウンロード
> Rタイマー 使用方法
* * *
> 本の紹介 速読・読書法
> 本の紹介 練習となる本
> 『アメリカ式読書法』
> 『本を読む本』
> 『勉強法が変わる本』
> 『絵本の森へ』
> 『「超」勉強法』
> 『井上ひさしと141人の〜』
> 『読み書きの技法』

> コラム
> ブログ / 速読ヴォイス
> メールマガジン
> モバイルサイト
> リンク
> プライバシーポリシー
> サイトマップ


本の紹介 『絵本の森へ』


 速読というものを考える人にぜひ読んで欲しい本です。ある意味で、「速く読む」ことの対極にあります。しかし、読書の土台がしっかりしたものでなければ、速さというものはすぐに崩れてしまいます。土台を築くために何が大切かを、ぜひ考えてみてください。

◆ 松居直著 『絵本の森へ』 (日本エディタースクール)

 何冊もの絵本が取り上げられ、絵本の魅力、その素晴らしさが書かれています。 絵本という世界が、どんなに深いものか、驚かされます。

 この本の中には「速読」という言葉はひと言も出てきません。 速読とは全く関係のない内容です。しかし、この本の中に描かれている「読む」ということを追求しなければ、 「速読」について語るのは違っているように思うのです。

 絵本の「絵」を見て、短い文章を「読む」。 ゆっくりと。

 速読という言葉にあるイメージとは正反対なものです。 しかし、速読だけを見ていては、速読のことはわからないでしょう。

 「子供に絵本を読んでやることは、大人にとって、ことばを吸収し、そして磨きをかける絶好の機会です。」(P59)

 本を読むことがどういうことなのか。 宝石のような言葉が満ちている一冊です。



        






HOME速読とは受講案内・日程・申込み受講生の声Q&Aサポートお問合せスタッフリンクプライバシーポリシーサイトマップ
Copyright (C) 2005-2017 readingfields.com All rights reserved. 当サイト内のすべてのコンテンツの無断転載を禁止します。