リーディングフィールズ基本の速読講座 readingfields.com
サポート>本の紹介 練習となる本>旅のノンフィクション 
> WEB速読タイマー
> 書見台の紹介
> 読書グッズの紹介
> 速読講座の復習
* * *
> Rタイマー ご案内
> Rタイマー ダウンロード
> Rタイマー 使用方法
* * *
> 本の紹介 速読・読書法
> 本の紹介 練習となる本
> 司馬遼太郎の長編
> 池波正太郎の長編
> 森絵都の本
> 沢木耕太郎の深夜特急
> 藤沢周平の本
> 椎名誠の本
> 宮部みゆきの本
> ハルバースタムの本
> インタビュー集
> スポーツノンフィクション
> 事件ノンフィクション
> 村上春樹の本
> 村上龍の本
> 旅のノンフィクション

> コラム
> ブログ / 速読ヴォイス
> メールマガジン
> モバイルサイト
> リンク
> プライバシーポリシー
> サイトマップ


本の紹介 旅のノンフィクション


 旅をテーマとしたノンフィクションというのは、とても面白いです。面白いだけでなく、その情景を頭に浮かべながら読むことができるという点でも、速読の練習としては、ぜひ読んでいただきたいジャンルです。

 もちろん、速く読む必要はないです。じっくりと味わって、自分の一緒に旅をしているように読んでください。

◆ 中上健次著 『スパニッシュ・キャラバンを捜して』 (新潮社)

 アジアが多く取り上げられています。特に韓国。旅の本としては、伝説的なものと言えるのではないでしょうか。読んだことのない方、ぜひぜひお薦めです。
 しかし……。この本の入手はかなり難しい雰囲気です。埋もれてしまうには、あまりにも、あまりにも、勿体ない本です。

◆ 本多勝一著 『カナダ=エスキモー』 (朝日文庫)
◆ 本多勝一著 『ニューギニア高地人』 (朝日文庫)
◆ 本多勝一著 『アラビア遊牧民』 (朝日文庫)

「極限の民族」というタイトルでひとつの本にもなっているのですが、この3冊取り上げることなく、旅の本については語れません。私は大学生のときに、この3冊を読んだのですが、のめり込むように読んだことを記憶しています。
 世界は広く、自分の価値感というものが、どんなに小さなものでしかないのか。世界というと、アメリカやヨーロッパなどを中心として見てしまいがちです。しかし、そうではない世界の広さを感じたものです。

◆ 藤原新也著 『印度放浪』 (朝日文庫)

 この本は文章だけでなく、写真が多く載っています。デザイン的にも、本当に素晴らしい本です。帯には次の文章が書かれています。

 「旅青春論の原点として静かに読み継がれてきた」
 「旅死生論の原点として静かに読み継がれてきた」

 旅と本というものは、特別な関係にあるように思えます。

◆ 吉田ルイ子著 『ハーレムの熱い日々』 (講談社文庫)
◆ 吉田ルイ子著 『自分を捜して旅に生きてます』 (講談社文庫)
◆ 吉田ルイ子著 『世界おんな風土記』 (旺文社文庫)
◆ 吉田ルイ子著 『世界おんな風土記』 (旺文社文庫)

 フォトジャーナリストでもあり、写真がかなり入っているのですが、それもまた魅力いっぱいです。女性からの視点ということで、他の人にはない、世界というものを感じさせてくれます。

◆ 辺見庸著 『もの食う人びと』 (角川文庫)

 読んだときは衝撃を受けました。世界のあちこちで、食べるということが淡々と語られます。しかし、そこに生き方みたいなものを感じさせてくれるのです。食べるという、シンプルな、世界共通なものが、ストレートに伝わってきます。


 これらは速読の練習の本として、読んでいただきたい本です。
 読みながら、立ち止まって欲しいのです。時には眼を閉じて、その景色を想像してください。

 こうした読書を行なうことは、読書の柱を太くしていくようなものでもあります。柱が丈夫なしっかりしたものであれば、速さはあとからいくらでもつけることができます。

 旅のノンフィクションを読むというのは、大きな読書の力をつけるものです。







HOME速読とは受講案内・日程・申込み受講生の声Q&Aサポートお問合せスタッフリンクプライバシーポリシーサイトマップ
Copyright (C) 2005-2017 readingfields.com All rights reserved. 当サイト内のすべてのコンテンツの無断転載を禁止します。