リーディングフィールズ基本の速読講座 readingfields.com
速読とは>速読の定義
> 速読の定義
> 速読のイメージ
> 2つの速読
> 読書速度向上の方法
> 受講生データ 読書速度


1000人以上 受講生の声
受講生の声
実際にこの速読講座を受講していただいた方の感想を掲載しています。1,000人以上の具体的な声をぜひ参考にしてください。

出張グループ講座
速読出張・長崎
企業研修、ビジネススキルとして速読トレーニングを。皆様の職場など全国で速読講座を行います。



速読とは 速読の定義


速読とは何なのか? 実に曖昧な言葉となっています。速読についての会話は噛み合わないことがとても多いです。リーディングフィールズでは、速読を大きな形容詞で語ることはしません。到達できるかわからない不確定なものではなく、現実的な、どなたにも納得できるものとして、速読を考えます。より身近なものとして、役に立つものとしての速読を提案させていただきます。

基本の速読という言葉、視点から、速読を説明していきます。「基本」というものを軽いものとして考えるか、そこに本質があると考えるかは、皆さん自身で判断していただく問題でもあります。


速読力トレーニング
リーディングフィールズ基本の速読講座の本です。

今村洋一著 『1日集中! 速読力トレーニング』
      フォームとギアチェンジで基礎読書力が上がる
      明日香出版社 2008年12月 税込価格:1575円
      ISBN978-4-7569-1256-5
      ・アスカ・エフ・プロダクツ  ・明日香出版社



速読という言葉を、
まずは辞書に書かれている定義から考えていきます。


A.
普通よりも速い速度で読むこと
 
(新明解国語辞典 第五版(C) 三省堂)
 
 

通常の辞書に書かれている速読の定義は、何も特別なものではありません。
ただし、人によって、この言葉の受け取り方が違ってきます。次の2つの解釈が考えられます。
(1)普通よりも速い速度だが、理解は下がった
    → 「速く読み進めた分、内容の理解は落ちる」
(2)普通よりも速い速度だが、理解の状態は同じ

B.
普通よりも速い速度で読むこと
 
ただし内容の理解はその速度によって変わる
 
 
上記(1)の「普通よりも速い速度だが、理解は下がった」で速読を考えてください。
無理なく、どなたにも受け入れていただけるもと言えるでしょう。
(例)「まずは速読で概要を掴みましょう」「速読と熟読」「速読と精読」
このことをベースとすることが重要です。

C.
普通よりも速い速度で読むこと
 
ただし内容の理解はその速度によって変わる
その速度と理解を自らがコントロールしながら読むこと
 
「速く読み進めた分、内容の理解は落ちる」を、最大限に使って読むことが速読と言えます。
一定の読み方だけでなく、ギアチェンジのように、効果的に読み分けていきます。
パラグラフ・リーディングのようなものと考えても構いません。

D.
普通よりも速い速度で読むこと
 
ただし内容の理解はその速度によって変わる
その速度と理解を自らがコントロールしながら読むこと
速度と理解のそれぞれを向上させ、かつ効率的な両者のバランスを掴み、読書レベル全体を引き上げる
上記「C.」の読書技術(フォーム&ギアチェンジ)を磨くことが、読書能力全体を引き上げていくことに繋がっていきます。




<PDFファイルでのご案内> [速読解説]速読を整理する(A4・4ページ)
[速読解説]速読の選び方(A4・4ページ)
[速読解説]速読の速さ(A4・2ページ)
[講座案内]基本の速読講座(A4・2ページ)
[講座案内]出張グループ講座(A4・4ページ)
[講座案内]親と子の読書講座(A4・2ページ)

速読トレーニングには確かな指導が重要です。
独学その他・効果的でない速読トレーニングを行った方の場合、「マイナスの癖」がついてしまっていることが多くあります。 速くはなったとしても、無理をした、雑な眼の状態となり、速読の成果そのものを間違って認識していたりします。 スポーツなどと同じように、こうしたは「マイナスの癖」は修正が難しいものです。 顔を合わせた状態での、経験のある確かな指導が、速読トレーニングにとって重要なことです。

特に、中学生・高校生など、10代の皆様に。
「少しは速いけれど、雑な読み方になっている」という方が実は多かったりしています。これは速読に対しての大きな誤解です。 雑な読み方であれば、「マイナスの癖」として強く固定されてしまいます。 速読トレーニングでは、基本的・本質的な読み方を掴んでいただきます。スポーツなどと同じように、土台となるものです。「読書の柱」となる土台を築くことが、本当に意味での速さに繋がっていきます。
基本の速読講座は、「読書は楽しい!」と感じて頂ける密度の濃い時間となります。


  速読をビジネススキルのひとつとしてお考えください

読む力 聴く力  ロジカルシンキング
  プレゼンテーション
  コミュニケーション
  ディベート
  文章技術/ライティング
  話し方/スピーキング
  etc
 考える力 
書く力 話す力
ビジネスにおいて、 新聞・雑誌・書籍・資料・インターネットから、“速く・正確に”情報を読み取る力が必要です。
実は多くの時間を情報収集に費やしています。読む力は土台となるものです。
ひとりひとり、そのスピードと理解力は異なっています。現在の力はMAXではありません。

読む力 (インプット力/情報収集力) のスピードと質を向上させることが速読トレーニングです。







HOME速読とは受講案内・日程・申込み受講生の声Q&Aサポートお問合せスタッフリンクプライバシーポリシーサイトマップ
Copyright (C) 2005-2017 readingfields.com All rights reserved. 当サイト内のすべてのコンテンツの無断転載を禁止します。